排水管の水漏れの原因

排水管の水漏れの原因 排水管がつまってしまうと、非常に多くの問題を引き起こしてしまいます。マンションなどでは、配水管から溢れた水が流れていくことによって、下の階に大きな損害を出すことになるでしょう。被害は驚くほどのものになってしまうことになります。
一般の住宅であっても、水漏れを起こせば、さまざまな設備に問題が出てきますし、床も傷めてしまうことが出てくるのですから、早期の対応を考えておかなければいけません。

■キッチンで音がする

キッチンで配水管が詰まり始めていることがわかる状況に、ボコボコと音がしてしまう状況があります。これは、浴室でも同じですが、水を流している時に音がすることが特徴です。配管から吹きあがってくるように音が出てきますが、この状況は早めに対処しないといけないでしょう。実際に詰まり始めている状況であり、排水管にダメージを与えてしまうことも出てきます。
台所では、完全に詰まってしまい使えなくなってしまうと生活に支障が出るため、早めに対処しておくことが必要です。実際に詰まってからでは遅く、対処も手遅れになってしまいます。事前に対応しておけば、詰まりが取れる方法も多くなるため、見逃さないというところも重要でしょう。

■音がする理由は
ボコボコと音がする理由も考えておく必要があるでしょう。台所などでも、排水管が取り付けられていますが、実は水が溜まる仕組みになっています。トラップ機能とも言いますが、これによって下水管から何かが上がってくることを防げる機能です。悪臭が上がってこないようにできますし、虫やネズミなど外にある動物などの侵入も防げるようになるでしょう。この水たまりがなくなってしまえば、大きな損失を生み出すことになります。
実際に排水管で詰まったりすれば、スムーズに流れなくなっていきます。当然管の中の空気はたまりこんでしまうことになりますが、空気圧で押し上げられて戻ってくるようになるのが音の正体です。そうなると、空気が抜けるときに音を出すようになり、ボコボコといった状況になってしまいます。音が出ている状況は放置するべきではないといえるでしょう。

■詰まってしまう原因はいろいろとある

詰まってしまう原因の多くは、汚れの蓄積とごみです。これが水漏れも引き起こしていく原因となることもあります。台所だけではなく、洗濯機や洗面所などもこうした問題を抱えています。汚れの原因は油が多くを締めています。最近では油を排水へ流すといった人は少なくなりましたが、それでも食事に全く油分がないということもありません。洗面所などで使用する化粧品や整髪料も油分であることは間違いありません。こうした汚れをまったく流さないといった生活はありえないでしょう。
台所でも、食材のごみが出ますし、洗面所や洗濯機の排水管には掃除したごみや洗剤かすなどもあるはずです。設備の構造を考えれば、避けることはできないでしょう。まったく使わない状況だったとしても、配管はだんだんと劣化を進めていくことになります。経年劣化ということからは、逃れることはできないからです。さまざまな原因が排水管の劣化を招いていくことになりますし、どんどんと詰まる原因を作り上げていくことになるのは間違いありません。定期的なメンテナンスをしていないと、どうしてもつまってしまうことになります。

■まとめ
水漏れが起こる原因はいろいろとあります。しかし、いきなり詰まってしまうようなことはありません。必ず原因がありますし、そのための予兆となる部分はあるでしょう。仮になかったとしても、経年劣化という大事な要素があることを忘れてはいけません。時間が経てばどんどんと劣化が進んでいくことになるのですから、早めにメンテナンスをするとともに、専門業者に依頼することが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース